2020年08月04日

偉大さ

本当に暑くなって来ましたね(汗)
コロナ禍もジワジワと来てますし、これからどうなるのか?

今日は久しぶりに大切な友人?後輩?美男美女夫婦と話が出来ました。
やはり特殊な業種の二人の今を聞くと自分もやんなきゃなって思います。

いいタイミングで電話くれるよなぁ〜(笑)

さて、アザリー飯田の活動自粛解除まであと1日となりました。このままいけるかどうか?
祈りましょう……。

そんな中ではありますが一つ報告があります。
アジア電子工業株式会社さんの所有する芝生グランドに照明が設置されました。

それも及川一正代表取締役社長さんの一声で実現しました。

最近は公私でお世話になっており、話の流れでトントン拍子でした。


「サッカー教える時はどこでやってるんだ?」

「いろんな学校のグランドを転々としてます。」

「大変だろ?ここに照明付ければ楽だな」

「え????」

「鍵渡すから自由に使っていいよ」

「………ありがとうございますっ!」

ただただ唖然とするばかり…。

なんだろう…凄いとしか言えません。

やはり一代で大きな会社を築き上げた力の凄さなのか…。

及川社長さんにはこれまでもグランドを利用させてもらい大会等も開かせて貰いました。それに地域の為に影で支えてくれている事を知りました。
子供が本当に好きで子供たちの為ならといつも言ってくれます。
ここに見た事聞いた事を書くと怒られちゃうかもしれないのであんまりは書けませんが…(笑)
まだまだ与えて貰ってばかりですが、いつかクラブとしてしっかりと恩返しをしたいなと強く思っています。



地域の為に地域に愛されるクラブに。

そうコロナ禍だからこそ「無理、ダメ」じゃなくて「やる」事が大切なんだよな。

  • 20200804230804659.jpg
posted by ルート66 at 23:12| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

第2波

梅雨が明けいよいよ…いややっと夏が来ました。

そして、同時に新型コロナウイルス感染症第2波来ました…。
この人類未曾有の危機をどう乗り越えていくのか?

飯田市でも感染者が出てクラブも再度活動自粛となりました。
非常に迷いましたが選手、スタッフ、家族の安全が最優先です。

このまま市中感染が広がらなければ自粛解除とするつもりではいますが…連休に人がかなり動いたのでどうなりますか(汗)

もう少し様子を見てからにしますね。

長野県は全国2位の県外来訪者らしく…安全そうだから?自然豊かだから?
観光業が非常に大変なのもわかりますが…こんな時ばかり何故長野県へ来るんだ…(笑)

それにどの業種も遅かれ早かれ危機を迎えるでしょう。この先どうなっていくんでしょうか?

三日市場の野球場では涼しげにプールで遊ぶ人々の横で高校球児が熱戦を繰り広げていました。
きっと最後の夏。一人一人がそれぞれ主役となり夏を終えます。
本当に同じスポーツに関わるものとしては切ない思いです。

こんなに夏らしいのに多くの人がマスクをして過ごしています。早く前のような日常を取り戻せないものか。

こうしてまたサッカーの活動自粛となり最後の夏トレーニングとなるかもしれない日に教え子達に伝えました。

一分一秒を大切に。

サッカーが出来ていたことの感謝。

限られている時間のなかでその時間をどれだけ大切に過ごせるか。

気がつく選手とそうでない選手。きっともう少し先で差が出る事でしょう。

少しでも「良い」時間を過ごして欲しいと思います。
posted by ルート66 at 14:48| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

試練

久しぶりの更新です。

この所の豪雨が日本のあちこちで洪水や土砂崩れを発生させていて悲しいニュースばかりです。
まだまだコロナも終息しないし…本当に未曾有の事態なのかなと強く感じます。

暗いニュースばかりなのでアザリーユースカップを企画し開催しようとしましたが…豪雨にて中止…どこまで試練を与えるんだ…。
神も仏も居ないのか…なんて思っちゃったりもします(笑)

今回の大会はトップチームの選手を主体に動きを取りました。
サッカーを続けているとやらせて貰っているばかりのことが多くて、なかなか人の為にやる事が出来ない場合が多いのです。

そういう事を若手に気づいて欲しかったし、更にはそういう事が地域貢献に繋がることを感じて欲しかったんです。それにその事が幸せの連鎖にも繋がります。

そんな事を思いトップチームスタッフを中心にミーティングを重ねて今日を迎えたわけです。が…中止…。

何も出来ませんでした…。無力。

こんな事誰でも出来る…事務所に荷物を片付けながら泣きました…というのは嘘です(笑)

でもOB達も楽しみにしてくれていたみたいで非常に申し訳なく感じています。
もちろんそんな感情で彼らの想いを救ってあげることは出来ないこともわかります。

じゃあどうしてあげていれば良かったのか…。

ドームスタジアム建設か人工芝のグランド建設です。その環境があったら何も問題無く開催出来ました。サッカーの環境を少しでも変えてあげられていたら…。

だから自分に出来ることは…現状維持ではなく変えていくこと。ただただ頑張るだけです。

それに今回はチームメイト、スタッフ、教え子達の力を凄く感じました。

まだまだこれからです。試練も困難もチャンスでしかない!
posted by ルート66 at 21:58| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする