2020年09月23日

秋の夜長

皆さん4連休はどのようにお過ごしでしょうか?

アザリー飯田はキッズフェスや各カテゴリーでリーグ戦等があり慌ただしくスタッフ、選手、保護者の皆様が動いています。

そんな中ですが2日間ジュニアユースの三年生を連れて高校の体験トレーニングへ参加してきました。

まずは上田西高校へ。菅平のトレーニングに参加させて頂けるとの事で選手を連れて行きました。毎年このような機会を作ってくれて参加していますが、白尾監督との出会いは長野県社会人リーグで対戦した時が最初だったと思います。元Jリーガーの凄さを感じた事を思い出します。
それからシニア長野県代表として秋田へ一緒に行きました。そのようなサッカーを介しての付き合いの中で彼の人柄と信念に惹かれ選手達を連れて行ったりしていました。

前にも上田西のOBの記事は書きましたが今回もまさにOBが活躍してくれました。

現地に着くと10期生OBの木村選手が監督と共にジュニアユースの三年生に学校と寮を案内をしてくれました。

そして、彼との話は自然とサッカーの話題になります。これまでの事やリーグ戦、選手権の話などをしました。
あの日から三年近く経ちます。毎年の事ですが選手を送り出す時は不安で仕方ありません。
あの時もそうでした。本当にその選択が良かったのかどうか…そこでやるのは本人だからです。
背中を押してあげるけど後は自分との戦い。
ひたすら頑張れと祈るしか出来ませんでした。

でも彼とのほんの少しの時間でその思いも吹き飛びました。

「ここに来て良かったです」

心からの気持ちを聞けた気がしました。

もちろんそれにそこには真剣に向き合ってくれた監督やコーチが居たからです。

「一年生の時のコーチにベースを作ってもらい、三年生で監督に引き上げてもらった。コーチ陣も凄い人達ばかりです」とは彼の言葉。

本当に素晴らしいスタッフの皆さんに育てられてきたんだなと感じられました。

それに彼はこんな事も言っていました。

「ジュニアユースの時よりあっという間の三年間でした」と。

ちょっと…これは…ジェラシーを感じましたね(笑)

でもそれだけ充実してたんだなと…(涙)


そんな事があり…気分よく次の日を迎えました(笑)


そして、翌日は松本第一高校へ向かいました。監督のフセインさんへ連絡。こちらもトレーニングへ参加させて頂けるという事で松本へ向かいました。

遠征帰りの10期生OBの大野選手へ連絡。パワハラ電話と感じたのか…疲れている中でしたがトレーニングしている所まですぐに駆け付けてくれました(笑)

松本第一高校には大野選手が初めて進学したので我々スタッフも彼が進学する時は様子はわかりませんでした。それでも自分で決意してここを選んだ彼。アザリー飯田のエースとして乗り込んだ高校。

そんな彼も言いました。

「ここに来て良かったです」と。

それに大怪我を繰り返し、それを乗り越えて来た彼はこう言いました。

「監督やコーチが怪我をした時も復帰までちゃんとみてくれました」

ここにもちゃんと真剣に向き合ってくれている監督とコーチが居ました。
今日も本当に丁寧に対応してくれましたし、選手を育てる事を真剣に考えている事を強く感じました。

そして、大野選手はジュニアユースの選手と共に行った保護者の皆さんの質問にも的確に応えてくれました。
その姿を見てウルウル来ていた事はここだけの話です(笑)

え?いじり倒すとハニカミ笑いでいたあの潤なの?(笑)

今回二人と少しの時間でしたが話が出来ました。

みんな努力を重ねて成長していくんだ。

変わらない人柄。

ブレない想い。

教え子から教わる…自分が教え子になるのか(笑)

また教え子達に助けられましたし教えられました。


二人に感謝ですね。

もちろん彼らの最後の戦いはこれからです!!

きっと他の10期生もそれぞれの戦いをしているんだろうな…。


頑張れよ!10期生!!
posted by ルート66 at 11:50| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。