2019年11月02日

正々堂々

三連休はいかがお過ごしでしょうか?
本日は高校サッカー選手権長野県大会決勝を見てきました。

決勝は上田西vs松本国際のカードでした。
結果から言うと松本国際の逆転勝ちとなりました。
アディショナルタイムに追いつき延長で決まりました。

この年代は二人の選手が上田西に進学しました。
ジュニアユース9期生である糊倉選手と河尻選手です。

河尻選手はGKというポジションという事もあり、熾烈なポジション争いの末残念ながらベンチ入りとはなりませんでしたが、糊倉選手がスタメンで出場しました。

試合は逆転負けという事で凄く残念ではありますが、彼の表情や彼の取り組みから三年間の思いが凝縮されていました。

彼が一年の頃でした「二年後あのピッチに立ちます」と力強く宣言、その夢を実現しました。

全ての夢は叶わなかっただろうけど、試合開始前ピッチに立つ糊倉選手を見て涙が溢れました。
本当に涙が止まらなかったですね。

常に連絡をくれたり、頼ってくれたりして、コーチの為にも頑張ると言ってくれて…。
そう言えば河尻選手と二人で合宿にきてくれたっけ(笑)

3年前のあの日、進路に迷う彼と共に長野のリバーフロントへ。
白尾監督との繋がりもありパルセイロレディースとのトレーニングマッチに参加させてもらいました。
その時、白尾監督はうちに来たいなら来ていいと言ってくれました。

「現役時代に凄いFWの選手だった監督からなら一線級のFWの技術を学べるんじゃないかな?」と彼にアドバイスしたことを覚えています。

初めて送り出す高校という事で不安もありましたし、進路に関わることがどれだけその選手の人生を左右するかもわかるだけに自分自身も不安や葛藤の中での三年間でした。

しかし、三年経った今は白尾監督に感謝しかありません。
当時から選手一人一人をよく見てくれていて、頑張っている選手にちゃんと応えてくれました。それは教え子達からの言葉で充分伝わって来ました。

三年間の自問自答は彼が頑張ってくれたから答えがでました。

感動をありがとう。

今日は9期生の保護者の皆さんも応援に来てくれていました。
こういった光景を見ると本当にアザリー飯田はファミリーであると実感します。

他の9期生も本当に頑張ってると思います。
この世代は岐阜や松本、山梨、千葉など外へ出てチャレンジする選手も多くて、尚且つ高校へ行き全員がサッカーを続けてくれていました。

もちろん全ての選手が良い思いを出来るわけではないけれど、自分の進んだ道で何が出来ているのか?彼等の成長した姿をまた見たいと思います。

毎年恒例の旅立ちの会で彼らがどんな三年間を送ったのかまた聞いて見たいと思います。非常に楽しみです。

そして、またいつか愛するクラブへ多くのOBが帰ってきて欲しいと思います。
posted by ルート66 at 21:45| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。