2018年11月02日

意味

朝晩はすっかり寒くなりましたね。明日は高校サッカー選手権大会長野県大会決勝です。

高橋監督率いる都市大塩尻高校vs白尾監督率いる上田西高校。

両校共にお世話になっておりどっちを応援するのか?ん…両方共に応援するしかありませんね(笑)

さて今週末はフィエットU−12選手権があったり来週末はジュニアユースの入れ替え戦があったりとまだまだシーズンは終わりません。

さてそんな中ですがキッズプロジェクトが行われています。

しかも二週続けての開催!

聖クララ幼稚園に続き伊賀良保育園での開催でした。

聖クララは金澤リーダーと二人で。本日は四人のコーチが参加してくれました。

サッカーかというもの、スポーツというものをどの様に子供たちへ伝え興味を持たせられるのか?
園で体験した事を親御さんへ楽しそうに話している事を願っています。

このキッズプロジェクトの意味…サッカーというもののひとつの小さな歯車なのかもしれません。

でもこの土台を築く作業がどれだけ尊いものなのか?
地味であまり目立った効果は見られませんが…本当に一番重要な所だと思います。

最近思う事…。

多くの人がアザリー飯田のキッズプロジェクトは頑張ってるって思ってくれているとは思うんです。

だからと言うわけではないのですが…

金澤リーダーを多くの人の言葉で褒めてあげて欲しいんです。

別に彼が求めているわけでもなく病んでいるわけでもありませんが人は人に褒められたり愛されたりすればもっともっと頑張れるのかななんて思うんです。

目に見える成果が出る事が当たり前の年代では無いこのカテゴリーこそがもっともっと注目されるべきなんだと…。

是非、彼に会った時やキッズプロジェクトを見かけた時は温かい声援をお願いします!!

ちなみに…自分はサッカー伝道師と呼ばれるまで頑張りますけどね(笑)



posted by ルート66 at 22:59| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。