2015年06月29日

痛み分け

暑い熱い中で行われたトップチームホームゲーム。
引き分けに終わりましたが選手達は前を向いて進んでいます。

それではvsリヴェリオ千曲FC戦のダイジェストです。

スターティングメンバー

GK 中村

DF 今村、別所、森田、久保田

MF 大島、田中真、木下、春日

FW 田中嗣、上沼

ホームの歓声を受けてキックオフ!
立ち上がりは裏を狙い攻め込みます。

押し込む場面も増えますがなかなかゴールに結びつきません。

相手のロングボールを跳ね返すパターンとなります。

こぼれ球がなかなか拾えず苦戦します。

均衡がやぶれたのは前半20分でした。

中盤で奪いきれず攻め込まれバイタルエリアを崩され失点します。

0−1

まさかの先制点を奪われる形にチームは動揺を隠せません。

前節のようにズルズルといくわけにはいきません。

しかし、またもやロングボールの処理から失点…。

0−2となります。

前半のうちに1点取り返したいアザリー飯田は必死で走りボールを奪います。 

後半35分にゴール前の田中嗣に繋がると田中嗣〜スルーパス!これに走り込んだ森田が流し込みます!技ありのゴールはチームに落ち着きをもたらせます。

攻め込む時間帯があるもののカウンターを受けるという苦手な展開に苦戦が続きます。

前半は1−2で折り返します。

ハーフタイムでは皆が話をして修正を加えます。

後半も攻め込む場面もありますがなかなかフィニッシュまで至りません。

10分にこの日先発の春日から福田へ。

若い力に期待します。

ボールが繋がりだしますがなかなかゴールは出来ない苦しい時間が続きます。

後半30分上沼から黒田へ。

フォーメーションを変え得点を奪いにいきます。

すると混戦からクリアを拾い福田がゴールへを狙います!
冷静なキックはゴールに転がり同点!

2−2とします!


声援もあり逆転を狙いにチームは勢いづきます!

惜しい場面もありましたが決めきれず…引き分けという結果になりました。

それにしても…苦しい戦いでした。

ゲームをつくることが出来ずに終わるという苦しい展開はホームだからこそなのか…噛み合わない場面が多かったです。

緊張している選手も多く経験値というものも感じさせられました。

会場に来ていただいた多くのアザリスタの皆様。
代表曰わく「140人は来てくれたんじゃないだろうか」

それだけ来ていただいたので勝ちをプレゼントしたかったのですが…。


でも収穫もあります。

福田の得点もそうですが頑張っている若手選手が結果を出せることは本当に嬉しいことです。

今のアザリー飯田は戦える!そんな気持ちを感じました。

次節はリーグ最終節。

まだまだ可能性があるので次に向けて準備するだけです。

最後までアザリー飯田をよろしくお願いします。





posted by ルート66 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック