2015年06月14日

 魂

梅雨の間の晴れ間で暑い天気でしたね。


トップチームの県リーグ第5節は2−5(田中嗣、上沼)という結果でした。

スコア的には大敗。

非常に痛い敗戦となりました。



首位決戦第2弾。ダイジェストどころではない心境ですがこれも自分への戒め。

vsアルティスタグランデ戦のダイジェストです。

スターティングメンバー

GK 中村

DF 今村、別所、杉本、久保田

MF 木下、田中真、大田、大島

FW 田中嗣、上沼

立ち上がりから前にボールを蹴ってくる相手に対して弾いて応戦します。

直ぐに蹴ってくる相手になかなかボールを繋げずに苦戦。

すると相手のボールに対して対応した杉本選手が後ろから転がされ倒れます。

ここで鎖骨骨折ということがわかります。

10人でのプレーが続いている中、カウンターで失点します。

0−1。

ここで杉本選手に変えて黒田選手を入れます。

更に蹴ってくる相手に弾く事で何とか守ります。

厳しい状況が続きます。

黒田が中盤で倒され黒田選手がFKを蹴ります。


シュート性の弾道はポストに弾かれるものの田中嗣選手が反応して決めて1−1とします。

同点とするもののまたもや中盤でのミスからカウンターを受け失点。1−2となります。

前半を1−で折り返します。


苦しい時こそ跳ね返す力。今のチームにはそれがあります。

後半は今村選手に変えて金澤選手を投入。

しかし、バランスを崩したチームはまたもや失点。

黒田選手が過剰なバックチャージを受けて転倒もファールは取られずゲームは流れ…失点。

おそらくここがこの試合のターニングポイントだったかと。

1−3。

更にクリアミスから1−4となり苦しくなります。

後半20分大田選手に変えて春日選手を投入。

相手の疲れもあるのかボールが回りだし田中嗣選手からのパスに上沼選手が反転して決めます。

2−4。

さぁここから反撃なるか!

しかし、ゴールキックを跳ね返されここでもまた縦のボールで飛び出され失点…。

2−5となります。

最後まで戦い続けるものの試合終了。

リーグ初黒星となりました。

それにしても痛いです。


杉本選手が欠けること…それこそが一番痛いのです。これはチームに大きなダメージとなります。

幸いにもリーグは1週開きます。どこまで立て直せるか。


そして、杉本選手の気持ちを考えると本当にいたたまれないです。

杉がこのシーズンにどれだけかけていたか。
ずっと一緒にやってきて昨年は外傷により一年間休養。

満を持しての復帰。

ここまでのパフォーマンスも最高でした。

彼はかつてキャプテンも務めた男。

責任感は誰よりもあります。

影の努力で一年間のギャップを埋めたに違いありません。

これまでと変わらない安定感のあるプレーと魂が溢れるプレー。



今日の終わりのミーティングで杉が涙を見せました。

「すいません…今年は最後の勝負のつもりでやってきた」

どれだけ無念なのか…。

それはキャリア晩年だからこその自分にはよくわかります。

杉は悪くねぇよ。

本当に心から思います。

今日のゴールは勝利に繋がらなかったけどシュートレンジに入った瞬間に杉の無念さが頭をよぎりました。

怒りだけだった…。どこにぶつければわらなくてとにかくシュート打つんだ…決めるんだ…。

でも勝てなかった無念さ。

悔しくて悔しくて。

こうやってブログ書いてても泣けてきます。

自分もキャリア晩年ですけど…残り全ての節は杉の為に戦います。

20150614201839263.jpg

絶対に負けない!

自分にも!

相手にも!

応援に来ていただいたアザリスタの皆さんありがとうございました。

順風満帆ではないけれど最後までお付き合いください!
posted by ルート66 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック