2013年10月26日

決勝ゴール

台風の影響はどのくらいあったのでしょうか?

このところ週末に天気が悪くなってしまいます。

さて本日はジュニアユースの帯同でした。

3年生のトップリーグも残り2節。
優勝の行方を左右する大事な戦いです。

vsセダック戦

結果は1対8で完敗。

リーグ始まって以来の大差のスコア。

これがサッカーなんですよね(汗)

だから面白いんですけど。

本来なら悔しくて仕方ないスコアですしセダックの
巧さにどうしようもありませんでしたが…

立ち上がりからうちの良さが出て「らしく」戦えたかなと思います。

僕なりに思うのは次のステージへ繋がる試合をしたことが気持ちを穏やかに出来たのかなと思いました。

ただし、力の差も会ったことは事実。

それに一番の差は勝ちにいく徹底した姿勢だったかなと。

3年生はいよいよ来週が最後。

長い3年間のサッカーが終わります。

今日彼等に問いかけたのは最後をどう戦うか。

彼らならきっと僕らの思いに応えてくれるはずです。

最後まで見届けたいと思います!


そして、その後アルウィンへ。

高校サッカー選手権大会長野県予選。

なんと準決勝のカードが都市大塩尻vs東海大三。

都市大塩尻にはアザリー飯田出身選手が多数在籍。

3年生には3期生エースの本島選手、2年生には先日の準々決勝で創造を破るゴールを決めた束選手、牧野選手、佐々木選手、1年生には吉森選手、木村選手が居ます。

一方、東海大三の3年生には蜂谷選手。

まさにクラブにとっては嬉しいカードです。

都市大塩尻は準々決勝でクラブ出身選手が4人もスタメンを飾っており活躍していました。

YouTubeで少し試合を観ましたが凄く良いゲームだったかなと。

そして、この大一番。

どちらに軍配があがるのか?

準決勝のスタメンは都市大塩尻が本島選手、束選手、佐々木選手、吉森選手。

東海大三の蜂谷選手はベンチスタートでした。

image/2013-10-26T15:30:55-1.jpg

どちらもペースを握ろうと仕掛けます。

そんな中で都市大塩尻の本島選手が負傷してしまい交代を余儀なくされます。

ペースは東海大三へ。

東海大三のリズムの良いパス回しが好機を演出します。

すると後半、耐えに耐えた都市大塩尻が先制します!


しかも吉森選手が先制点を叩き込みます!

そして、交代で入った選手が追加点を決めて勝負ありでした。



結局2−0で都市大塩尻が勝ちました。


しかも吉森選手の決勝ゴールでです。

実は準々決勝では束選手が決勝ゴールを決めています。

クラブ出身選手の活躍は本当に嬉しいですね。





一方、東海大三の蜂谷選手は出場なりませんでしたが彼の3年間の取り組みは彼の涙で十分感じました。

次のステージへ向けて頑張って欲しいです!


いよいよ来週は高校サッカー選手権大会長野県予選の決勝です。

負傷した本島選手が気になりますが…好ゲームを期待します!

全選手お疲れ様でした!

image/2013-10-26T15:31:37-1.jpg


















posted by ルート66 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック