2013年05月20日

ホッ

トップチームがやっと勝ち点3を獲得しました。

昨日のスザカシティー戦は選手達の最後まで走り切る姿勢を感じられました。

ではさらっと試合のダイジェストを(笑)

VS スザカシティー戦

試合開始時間が変更となり調整して会場入りしているチームが心配でしたが選手達は意外と問題なくは入れそうな感じです。

スターティングは

GK中村

DF青木、田中賢、金澤、森山

MF木下、田中真、大田、林

FW大島、田中嗣

午後から曇りだして風も少しある中でのキックオフ。

立ち上がりいきなり大島選手が魅せます。

左サイドの高い位置で受けて持ち上がります。

2人を交わしてPA内に進入。右足を振り抜きます。

開始1分30秒のことでした。

そこからアザリーペースと思われましたがミスなども多く、相手の早い2トップの前に苦戦しました。

危ない場面も何とか凌いで前半を終了。

修正して後半へ向かいます。

後半もパスが繋がりだすもののミスが続きます。

そんな中で森山選手にアクシデント。

別所選手を投入します。

相手陣内に迫るものの得点には繋がらず。

森田選手を投入。

するとカウンターから相手ゴール前へ。

大島選手がこの日2点目を奪い2−0とします。

このまま大量得点で勝利できそうな雰囲気もありましたが・・・

決め切れません。

しかし、すぐさま相手のクロスから1点を許して2−1とされます。

風の影響もあり危ない場面が続きます。

そして、試合終盤には牛山選手を投入します。

このまま2−1で終わるのか?2−2とされるのか?

残り2分青木選手が渾身のダイビングヘッド!

3−1としました。

そして、試合終了。

今期初勝利となりました。

選手達の安堵の表情はプレッシャーや期待を背負って戦っている選手達だからこそのものでした。

でも誰よりそれを感じていたのは田中キャプテンでしょう。

人一倍責任感の強い彼は本当にホッとしたのではないでしょうか。

試合後に彼と話したときの言葉は本当にチームを背負っているものの言葉でした。


しかし、キャプテンより直ぐに次週の連絡がありました。

「これで満足していては駄目」だと。

直ぐに次に向かえるチーム・・・。

このチームはこれからどんどん良くなるんじゃないですかね。


本当に良いゲームでした。












































posted by ルート66 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック