2013年03月22日

次へ

まさにピーク・・・ふらふら

クラブ体制を整えるのにこんなにも力がいるとは・・・。

毎年ですがこの時期は投げ出したくなることが満載です(笑)




「誰か代ってくれー」と心は叫ぶものの・・・がく〜(落胆した顔)



それにしても無いものをゼロからやることは本当に大変だと実感していますふらふら

でも・・・やらないとクラブが前に進みません・・・。






でも今年の書初めは「革命」と書きましたので・・・。

(もちろん嫁さんは爆笑していましたが・・・何か?)





いずれにせよ大なり小なりやらないとです(笑)



でもそうやって頑張っていると助けてくれる人は出てくるものです。



今の話が上手くいけば1つクリアします。

あの話が上手くいけば2つクリアします。

妄想に妄想を重ねてやるしかありませんねグッド(上向き矢印)





早く・・・好き勝手にサッカーだけやってればいい生活にしたいな・・・あの眼鏡おじさんのように(笑)




と言っているとジュニアユース5期生のお別れ会が明日となりました。

別れと旅立ちの季節・・・彼らも・・・もう3年経ったのか・・・。

早いものです。


昨日はトップチームの練習に参加していた2期生の2人とご飯に行きましたがそこでズバリと言われました。

「コーチも昔は若かったですね」

おい・・・大裕!蒼真!どういう意味だちっ(怒った顔)


確かに早いわけです。




5期生を気持ちよく送り出してあげたいので・・・その準備もまだまだ続きます(汗)

ここは超人の見せ所です。


頑張りますよーexclamation



そして、告知です。

いよいよトップチームのシーズンが始まります。

日曜日は早くも公式戦です。

昨年のうちに始まった25年度社会人選手権。

VS DAISHARIN IZUMIです。

今シーズンは更に若返りましたので期待できるのではないでしょうか?

一足先に選手紹介です。

NO.1  GK中村拳斗(1年で仲間の信頼を掴んだ若き守護神。今年もアザリー飯田の砦となります)

NO.2  DF牛山竣介(期待のルーキーです。どんなプレーを見せるのか?1年目から期待できます)

NO.3  DF渡辺優希(彼のひたむきさは今後に期待できます。今年はやってくれるでしょう)

NO.4  DF別所智良(心身共に充実している様子。愛の力は偉大です。)

NO.6  MF服部勇太(田中キャプテンが連れてきた逸材。プレーに大注目です)

NO.8  MF大島信幸(昨季は得点を量産。出るかノブカッター!今期も期待は膨らみます)

NO.9  FW金澤孝太(9番を受け継いでくれました。今年も高い身体能力はチームNo.1)

NO.10 MF林航(今年は早々チームに合流。大エース健在です。例年にない気持ちでシーズンに挑みます)

NO.11 MF青木郁弥(副キャプテン2年目。相変わらずの厳しさと強い思いでチームを引っ張ります)

NO.13 MF木下洸一(昨季は右サイドを制圧。「破壊」という言葉がぴったりです。コンディションも良好で大注目です)

NO.14 MF大田健朗(Mr.CHARA男も今やベテラン選手!10年目の節目の年です)

NO.15 DF森山洋平(チーム1のクレーバーな選手。昨季はCBも務めて最終ラインを支えました)

NO.16 FW須甲聡(昨季終盤大ブレイク。今年もいじられキャラ全開です)

NO.18 MF田中嗣夫(新エース候補。パワー、テクニック、スピードのレベルは群を抜いています)

NO.19 DF田中賢吾(今年もDFラインを統率して守備ラインを支えます。コンディションは如何に)

NO.20 FW今村真帆人(昨季魅せたスピードは一層磨きがかかっています。加速時に注目です)

NO.21 MF田中真喜人(新キャプテンとして早くもチームをまとめています。キャプテンシーも注目ですがそのプレーにも注目です。そして・・・思いを託しました)

NO.22 FW森田卓(1年目で確かな技術を見せました。そして命名は「軍曹」ドゥンガを思い出します)

NO.27 DF杉本喜秋(今やチームになくてはならない存在です。昨季以上にコンディションは良く期待できます)

NO.33 FW上沼直樹(ここでした。別に3×3じゃないですよ。33歳でもないです。33ゴール決めるわけでもないです。みんなと戦いたいただそれだけです。)

以上、新加入も含めて20人でスタートを切りました。

熱い熱い戦いが始まりますexclamation×2














posted by ルート66 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック