2012年03月16日

大人の責任

今日はジュニアユース体験トレーニングの最終日でした。

現在、新中学1年生を募集中。7期生ですぴかぴか(新しい)

前回、前々回とそこそこ来てくれてはいましたが・・・たらーっ(汗)

本日は6人・・・ちょっと少ないか・・・たらーっ(汗)

でもこの子達を2時間でどれだけ上達させてあげられるか?

気持ちを入れて取り組みました。自分は常に全力ですパンチ

聞けば部活に行く子供達が多いようで・・・

宮下監督も「今年は苦戦するな」と言っていましたあせあせ(飛び散る汗)




なかなか根付かないクラブチーム文化サッカーサッカーサッカー

過去にここ飯田でクラブチームを立ち上げようとしたけれど失敗したクラブ?もあり・・・

そういった偏見も未だ消えないのでしょうか・・・たらーっ(汗)




アザリー飯田だけが良くなればとは思っていないけれど・・・バッド(下向き矢印)

この飯田・下伊那の土壌の底上げには誰かが引っ張っていかなければなりませんパンチ

だから・・・今はしっかりとしたベースを築かなければいけませんグッド(上向き矢印)




体験に来てくれた選手達に聞くと・・・

中学年代もリーグ戦が主になっていることは知らないようで・・・

アザリー飯田ジュニアユースが県リーグのトップにいることがどれだけ凄いことか・・・

そして、どれだけチャンスがあることか・・・


知らない子供達は可哀想です。



今日来てくれた子には可能性だけは伝えました。


だって自分の子だったら100%アザリー飯田へ行かせますからサッカーくつ



普通に考えれば・・・

レベルの高い環境でプレーする→レベルの高いトレー二ングを積む→レベルの高い環境でプレーする

必然的に技術は上がります。

そして、人の眼もたくさん集まります。

だから・・・どこでプレーするかの判断は出来ると思うのですが・・・





北信越や全国は別として・・・長野県を日本のJリーグに例えるなら・・・

2012年の飯田・下伊那勢でJ1にいるのはアザリー飯田ジュニアユースだけとなります。

残念ながらJ2にはいません。

JFLの位置である南信リーグには何チームか上がっているようですが・・・。

だから・・・もし・・・下伊那リーグからスタートしたらJA杯と呼ばれた高円宮杯に出場することは極めて難しくなりますバッド(下向き矢印)

そういった事実を指導者が伝えられているか?選択肢を与えた上での判断なら良いのですが・・・


クラブに進むも部活に進むも自由ですが・・・子供達の可能性を大人が摘み取ってしまう・・・

飯田・下伊那にはそういったことが多々ありますたらーっ(汗)

今回も・・・

「うちの選手は部活に行かせるから」(直接言われました・・・)

「月謝6万円」(サッカーで食べていけます・・・)有料

「年間100万かかる」(年収はどうなる?)

などなどの噂が広がり・・・(誰だ?火の無いところに煙は立たない・・・)

募集チラシも配る約束をしても配らない指導者の方もいて・・・

本当に悲しくなりますもうやだ〜(悲しい顔)


結局、夢を語れない大人が夢を語ることは出来ないパンチ

夢を語ることが出来ない大人に育てられたら・・・バッド(下向き矢印)

夢を語れないし見れないか・・・バッド(下向き矢印)


ある人が言っていました。プロになるには運も大切。

生まれた土地を恨め・・・。出会った人が悪かった・・・。


それじゃ絶対に駄目なんです!


ということでexclamation×2


プロジェクト50が立ち上がりますexclamation×2

子供達、選手達の夢を広げようexclamation×2

今は下準備中ですexclamation

楽しみにしていてくださいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


あー久しぶりに愚痴だなこりゃ(笑)

長い愚痴にお付き合いくださりありがとうございましたわーい(嬉しい顔)


☆くまさんコメントありがとうございます。10番の会でまた夜のピッチへ行きましょう。もちろんシーズン終了後ですが(笑)

☆エスカーダstaffさんいつもコメントありがとうございます。いい選手を育てましょう!






























posted by ルート66 at 03:35| Comment(16) | TrackBack(0) | ジュニアユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に子どもが可哀想。
理想を求めるのは勝手だが、自分達は素晴らしいチーム、部活はレベルが低いと常に刷り込まれ、部活をやっている子を小馬鹿にするような言動を何回も見たり聞いたりして、中学生のうちから思い上がった考え方である事に悲しく思う。

中学生にもなれば親に無理をさせたくないと気遣う子もいるだろう。
家庭の状況でクラブチームに入りたくても入れずに部活を選ぶ子だっているだろう。

レベルの高いチームに入ったら絶対なのか?


子どものうちから思い上がりを植え付けられる事こそ、子どもが可哀想ではないだろうか
Posted by 思い上がり at 2012年03月17日 00:51
ほんとに本当に子供が可哀想


どなたが書き込んだのかはだいたい察しがつきます。
まさか何処かの指導者だったりして…(/--)/

じゃないことを願って。



『出る杭は打たれる』ということわざがありますがこのような書き込みがあるのはアザリーJr.ユースが飛び抜けてしまった証拠ですかね。

レベルの高さに年々差がついてしまうのはそれべしのトレーニングをしている証拠かなと。

「クラブチームは走れない!」とどこかの誰かが言っていましたが高校に行くと良くわかります。


狭い田舎であ〜だこ〜だ言ってるから下伊那はいつまでたっても変わらないんですよね。


書き込んだ方(実名あげようかな?)はそれべしの覚悟と責任をもって意見を言っているのかな?
(2ちゃんねるのトイレの落書きとはちがいますよね?)


『井の中の蛙』で終わらないように活性化しないといつまでたっても今のままです。

高校に行けばわかるように中学年代での育成はホントに大事です。

サッカーの本当の深さ、面白さがわからないまま勝った負けたで一喜一憂している様が滑稽でなりません。

事実と真実に違いがあるとすればそれを確かめようとするのが大人ですよね。

個人的な考えを押し付ける大人は自分が「井の中の蛙」だと言うことに気付いた方が良いのでは?


プロ野球界が日本人のメジャー行きを一生懸命阻止していますが似たような状況はどこにもありますね。

Posted by ふぁるこん at 2012年03月17日 14:40
はじめまして。
ただ単にサッカーが好きでブログ読ませていただいています。
※この地域でこのような低レベルの話があるのですね。


思い上がりさんは指導者の方でしょうか?我が子のことに関するようには思えませんね。(我が子の事でしたら失礼します)

アザリーさんは、一生懸命に地域の事から考えて選手を育てたいという想いがブログを拝見して伝わってきます。(ブログを見て応援しております)


進路の事ですが、選択肢というものは誰にでもあるはずです。その支えとなるのが仲間であり親であり指導者や、その子の周りのみんながいるわけです。
選択肢の中から本人のベストな答えが見つかると良いですね。

失礼ですが、この地域サッカーに対する環境はどこの地域に比べて遅れている気がしてなりません。(グランド、クラブチームがアザリーさんだけ、実績など)

コメントの成り行きから、思い上がりさんの立場は仮に指導者でしたら、クラブチーム対部活のような小さい事を愚痴ってないで、この地域の環境を真剣に考えて行動していただいた方が良いと思いますがいかがでしょうか?
これからもっとサッカーを楽しめる子どもたちのために。

Posted by ZERO at 2012年03月17日 17:08
はじめまして。
ただ単にサッカーが好きでブログ読ませていただいています。この地域でこのような低レベルの話があるのですね。
思い上がりさんは指導者の方でしょうか?我が子のことに関するようには思えませんね。(我が子の事でしたら失礼します)

アザリーさんは、一生懸命に地域の事から考えて選手を育てたいという想いがブログを拝見して伝わってきます。(ブログを見て応援しております)

進路の事ですが、選択肢というものは誰にでもあるはずです。その支えとなるのが仲間であり親であり指導者や、その子の周りのみんながいるわけです。
選択肢の中から本人のベストな答えが見つかると良いですね。

失礼ですが、この地域サッカーに対する環境はどこの地域に比べて遅れている気がしてなりません。(グランド、クラブチームがアザリーさんだけ、実績など)
コメントの成り行きから、思い上がりさんの立場は仮に指導者でしたら、クラブチーム対部活のような小さい事を愚痴ってないで、この地域の環境を真剣に考えて行動していただいた方が良いと思いますがいかがでしょうか?
これからもっとサッカーを楽しめる子どもたちのために。
Posted by ZERO at 2012年03月17日 17:10
このままでは、クラブチームの選手たちも、部活の選手たちも、本当に可哀想です。


ブログの中で言い合っても、傷付くのは選手たちです。そして、下伊那のレベルが上がる訳ではありません。


もうやめにしましょう!



思い上がりさん
もし、部活の選手たちを小馬鹿にしているような言動が、本当にあったのならば、この場をお借りして謝ります。それが、私自身だとすれば、ジュニアユースの監督を辞めるしかありません。


ただ、本当にそんな事実があったのでしょうか?


アザリー飯田ジュニアユースには、本当に素晴らしいスタッフが揃っています。自信を持って言える事です。
それは、私が保証します。

それに、選手たちは、本当に頑張って、日々のトレーニングに励んでいます。
ジュニアユースの選手たちも、親の苦労を気遣っています。だから頑張れるんだと思っています。



私たちは、いつも下伊那のレベルアップを考えています。

地域のみなさんと協力して、これからも頑張りたいと思っています。


思い上がりさんも、是非ご協力をお願いします。
もし、指導者の方であるなら、お互いに頑張りましょう。


Posted by ジュニアユース監督 宮下 at 2012年03月17日 21:25
クラブチーム対部活のレベルの低い論争をするつもりはありません。
(何か責任をとらなきゃいけないですかね?笑)

ただ思うに《強き者、常に謙虚であれ》という心情です。

大人の理想や思いだけのチームではなく、どうか子どもの立場に立っていただきたいという願いです。
どんなチームに属していても、子ども達の「サッカーがやりたい」「サッカーが好き」という気持ちに嘘はないと思います。
どのチームであろうが、それぞれができる事を精一杯やって、そして常に相手を敬う気持ちをもつ、その根っこの部分を育てていただきたい。それだけです。
Posted by 思い上がり at 2012年03月18日 01:04
「尊重:サッカーが出来るのは、親、仲間、スタッフ、その他大勢の人が支えてくれるから。常に感謝の気持ちを持ち、お互いに尊重し合おう。」
我がチームの教えのひとつです。
選手である我が子はいろいろに感謝の出来るいい子に成長できました。監督はじめコーチのおかげです。

思う事。クラブチームに入って良かったです。身体も心も成長するJr.ユース時代に経験できた多くの事、(夏休みの合宿、多くの有名チームとの練習試合、芝生でのリーグ戦などなど…)指導者の皆様に感謝しています。

親子共に楽しくやるだけではありません。勝ちに行きます。
目指すはJリーガーです。小学生からの夢、チームへ入って少しだけ前進しました。

そして…サッカーで勝つ!って最高の気分です。
Posted by 選手の親 at 2012年03月18日 19:23
書き込み読ませて頂きました。
残念に思う一面とそれぞれの立場で子供を思う気持ちは一緒なんだな、と感じました。

『本当に子供が可哀想…』

本当にかわいそうなのかどうなのかは、その子が大人になってみないと分からない事ってあると思います。

いろんな状況で思い通りにならなかったり、悔しい思いをしたり、苦労したり、可哀想な思いをしたり、楽しんだり、喜んだり・・・一人前の人間として成長するために無駄な要素ってないと思います。

子供にとって本当に残念なことは、田舎だからとか、環境がないからといった理由で夢を諦めなければいけないといったことではないでしょうか?

理想も語れない大人に子供は魅力も感じないし、夢も持てないと思います。生きていることに喜びすら感じれない…。

言葉のニュアンスでいろんなとらえ方をされることってあると思いますが、子供にとって本当に良くない環境があるとすれば、それはどんな状況であろうが改善されるべきだと思います。

色んな見方、ご意見があることで、アザリー飯田はクラブとして更なる成長を遂げることでしょう。

子供がワクワクするような世の中を創るために大人が一人一人考えなければいけないことがまだまだあると考えさせられます。
Posted by くまさん at 2012年03月19日 13:29
久しぶりに覗きました。



ところが…


「ハッ!」とさせられる書き込みが目に飛び込んできました。


少しして…
悲しさと寂しさを感じました。



でも…


でもですよ…


1つの書き込みに対して色んな方の意見が飛び交う内容を目にし思いました。



「成長」
それがここにもあるじゃないですか…。



20年前の飯田サッカー界に
こんなにもサッカーに対する意見が飛び交う事がありましたか?


無いですよね
絶対に!

これも地域に生まれた、サッカーに対する新たな環境ではないですか!?


今年Jクラブが誕生した信州ではありますが
まだ全国から見た場合
サッカー不毛地帯に限りなく近い状況です。
その中でも南信は…
と言われ続けてきました。



でも…今


その地域でサッカーに対する「論争」とまではいかないでしょうが
各々の考えをぶつけ合える環境がなっているではないですか。
これは「成長」と捉えても過言ではないはずです。



「Jリーガー」
この言葉を口や夢にしても
現実味の無かった数十年前…

むしろ「プロ野球選手」という方が現実味があると言われた時代。


そんな時代にも
サッカーを愛し、サッカーの楽しさを身をもって伝え教え、更には地域にその魅力、サッカー文化を根付かせようと惜しまぬ努力をしてきた沢山の関係者・また支援者・家族。全ての人たちの力があって今、「サッカー論」があるのではないかと思います。


どんな事も裾野が無ければ始まりません。
また、夢を見るだけに留まります。
何も無ければ…
その夢すら見ることも無ければ
夢にもあげないでしょう
将来のある子供たちが!


選択肢があるからこそ描くと思うのです。
夢を!
そこから、じっくりと自分の人生を見据えて行けばいいのではないでしょうか?
仮に家庭の事情などで
「クラブに通う事が難しい」となっても
子供は子供なりに理解はいつしかすると思います。
しかし、親が子供の選択肢を増やしたいと思えば、僻みなどではなく、どうにかしてあげたい!って考える方もいるでしょう…。
そこに、何が正解かは関係のない事です。
親子の前に、まずは自分なんです。


自分というものとの戦いがそこにはあるんです。
夢は親が叶えるものでも実現させてあげるものでもありません。
子供、その子自信が…
自分の力で立ち向かう困難に打ち勝ち掴んでいくものです。
その夢の選択肢を親が妨げるほど醜いものは無いのではないでしょうか?
ただただサッカーをしているだけで楽しいと終えられる子もいれば、サッカー選手という夢を抱き、突き進みたいと思う子もいるでしょう!
どちらもゴクゴク普通の考えです!


クラブチームの指導者は、サッカーを通じて人間形成を教え、サッカーの道で体制してくれる事を部活動を教える先生方より強く思うのも、現実の当たり前の事です。
でなければ…
クラブチームは必要ないのではないでしょうか?
そういうものが、無ければ飯田にサッカーは根付きません。
部活動のサッカーはあっても…。


全ては選択する、そして選択させてあげられる環境作りが必要不可欠だって事です。


でも…
こんな事を言えるようになった
飯田のサッカー環境は
少なからず


「成長」してるではないですか。


考えを止めれば成長は止まります。


全ては「最善」の為に「情熱」を!



Posted by shake hands at 2012年03月19日 19:21
我が子が、アザりージュニアユースに入る時に、『部活で一生懸命な子をバカにしたら決して許さない』と話をしました。

私自身も、中体連三年間応援に出掛けました(あの空気が好きでして^-^ゞ)
最高学年の中体連には、我が子も友達の応援に行きたいと言い。自分の練習開始ギリギリまで、フィールドを見ていました。

職員会があり部活動がない毎週水曜日、我が子は、決まってサッカー部の子ども達とサッカーをして楽しんでいました。

子ども達に壁はありませんでした。
そんな子達を誇りに思います。
Posted by まさみ at 2012年03月19日 22:51
うちの子は挫折を経験しました。


本人は勿論、お父さんも一生懸命でしたので、夢を背負っていた分、心の傷は深く、二年たった今もまだ完全に回復している状況ではありません。

本人が納得した上での退部でなかった事を、私は今でも悔やんでいます(旦那は違うかもしれませんが)


退部した後、同年の子ども達が出ている中体連の決勝を見に行った時、蒸し暑い車の窓を締め切ったまま、息子は一歩も外に出ようとしませんでした。
そして家に帰って、プーマの青ジャージも練習用のユニフォームもカッターでズタズタに切り裂いて泣いていました。
それからは自己否定の塊になってしまった息子。

子どもの心が折れそうな状況まで追い込まれていた事に気づいてやれなかった…私自身を本当に悔み、
なんのためにチームに入れたのか?
と何度も考えました。


お正月にはチームの子からもらった年賀状に
「お別れサッカーに来いよ」と書かれてありました。忘れずに年賀状をくれた事をありがたいと思いながらも、親としてどんなに行けたらいいのにと思ったことか…。


子どもの苦しむ姿を見るのは、本当に辛いです。


あれから二年経ちます。今はサッカーとは全く関係ない部活に入っていますが、息子は今年も審判の更新に行きました。

どういう気持ちで更新しているのかはわかりませんが…


チームを非難するつもりはありません。
息子がつまづいた3月という季節、胸の奥にしまってあったものが蘇って書き込んでしまいました。

気分を損ねてしまわれたらすみません。
削除して下さい。

Posted by 傷心母 at 2012年03月20日 01:19
アザリーJYで子供を育てていただきました。

サッカーもですが、人間的にもいろんな勉強をさせていただきました。

スタッフの皆さんの情熱は子供たちに少なからず勉強になっていると思います。

また、常に感謝の気持ちを忘れない指導は大人になった時必ずプラスになると思います。
Posted by 1期生の親 at 2012年04月03日 21:14
はじめまして。突然のコメント。失礼しました。
Posted by マルベリー バッグ at 2013年07月01日 10:22
こんにちは、またブログ覗かせていただきました。また、遊びに来ま〜す。よろしくお願いします
Posted by バーバリーブラックレーベル at 2013年08月01日 08:34
newera
Posted by 帽子 メンズ at 2013年09月16日 20:15
ティンバーランド フィールドブーツ
Posted by ティンバーランド イエローブーツ at 2013年11月11日 13:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック