2011年09月12日

懐かしさ

先日、街を歩いていると…
通りすがりに名前を呼ばれました。

ん?と振り返るとそこにはかつてサッカーを教えていた後輩が2人。

もう13年位前になるのでしょうか。
母校へ外部コーチに入っていた時の1年目に指導?した2年生だった選手達でアツシ&マッチャンでした。

本当に久しぶりに会いました。

彼等は会うなり…

「あの試合は惜しかったよなぁ。俺はあそこで燃え尽きたんだよなぁ」

どれだ…


「あの時は本当に泣けた。最後の円陣を組んだ時の言葉は今でも忘れていないですよ」

あぁ!お前達が2年生の時の選手権か…

懐かしい記憶が甦ります。

あの時は…打倒・松商でトレーニングを積み番狂わせを狙っていました。

結果は0ー0のスコアレスでPK戦でした。

ゴールを守るは現松商監督の高山さんでしたね。

攻め手を封じやってきた戦術で対抗。

技術では一枚上手の相手に苦戦しましたが、時折チャンスもあり好ゲームでした。

結局、凄まじい運動量に足が痙攣した選手達は枠を外し番狂わせはなりませんでした。

本当に悔しかったなぁ(涙)

今でも悔しいですね。


あの頃はまだまだ難しいと言われたオフサイドトラップを完璧にまで仕上げ自信を持って挑戦したんですよねー。

お世辞や勘違い無しで?今思い返してもかなり高いレベルでやっていました。

回りの戦評も高かったですね。

故に…なんですよね…

そんな会話に終始…(笑)


「変わっていないですね」と言われて…嬉しいような悲しいような(笑)


未だに彼等と戦った選手権の記録誌は今でも宝物で取ってあります。

あの頃がなければ指導者にはなっていなかったかもしれない…本当に指導者としての原点だったなぁと思います。
彼等にも感謝です。

そう思っていると当時のキャプテンでアザリーOBでもある有賀元選手からたまたま連絡が来て…

「今度の試合は松商とやるみたいじゃないですか。あれ以来じゃないです?」と…

そうかぁ…あれ以来か…


今は母校には武藤監督に加えトップチームの大黒柱・林選手もコーチで入っています。
そして、前出のジュニアユースOB選手達。

何かやってくれるかも!

でも松商にもジュニアユースOBのユウキ、ダイキ、ショウゴ、ダイスケが居るんだよなぁ…

どちらも頑張れ!


になっちゃうなぁ…


とにかく楽しみな戦いになります。

今ある力と情熱をぶつけ合う熱い戦いを期待したいです。

posted by ルート66 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュニアユース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック