2011年07月24日

第9節

ついに最終節!VSトップストーン戦の通称「伊那谷ダービー」は3ー1で勝利しました。

ここまでの結果はなかなか満足いくものではありませんが泣いても笑ってもリーグ最終戦であることは変わりありません。
常に全力で走りきるアザリースタイルは貫きたいですね。

アザリー飯田はこの試合も勝たなければトップストーンより順位を上にいくことが出来なくなります。
トップストーンも下部組織やサポーターが駆け付けてホームのムードを盛り上げます。


ここからはダイジェストです。
アザリーは累積で主力の藤原・大島両選手を欠いた中での戦いとなりました。

序盤からアザリー飯田ペース。長いボールに冷静に対応してパスを繋ぎます。

何度かゴール前でチャンスを掴みますがゴールは決まりません。すると前半20分クロスから佐々木孝へ繋ぎ佐々木孝が右足を振り抜きます。

見事にゴール!1ー0となります。
その後もアザリー飯田ペースは変わらず時折ロングボールで裏を狙われ走られますがしっかりと対応して失点を防ぎます。

30分過ぎカウンターから青木がループで決めます!2ー0。

前半は2ー0で折り返します。

ここで佐々木孝が体調が悪く森山と交代します。

後半もアザリーペースは変わらずチャンスを作りだします。

後半10分に追加点が入ります。
ゴール前で繋ぎ田中嗣が決めて3ー0!

20分過ぎここでカウンターから失点してしまい3ー1。まだまだ予断を許さない展開となります。


アザリーベンチはここで熊谷紀を投入!活性化を図ります。

しかし、その熊谷がディフェンスの際に負傷し部坂が入ります。

嫌なムードが流れますが勢いは変わらず試合は進みます。
更に35分過ぎにこれまでしっかりと守備をしてきた田中真にアクシデントが発生。負傷交代を余儀なくされます。

すぐに田中賢が入り対応します。

その後は危なげない展開で3ー1と勝利しました。


最終節、伊那まで駆け付けてくれたサポーターの皆様本当にありがとうございました!

次週はクラブチーム選手権準決勝を戦います!

なんと言ってもこの大会も全国へ繋がっています。

今期タイトル奪取の為にも負けられません!

まだまだシーズンは終わりません!
posted by ルート66 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック