2011年07月10日

雷雨で

トップチーム第8節VS大原学園戦は0ー0の引き分けとなりました。


前節、首位アビエスを倒しチームムード一変。

今節も勝利なるか!

アビエス戦2得点の木下・佐々木を負傷で欠き、主力の杉本・秦など(累積の人は置いといて…)を欠き選手層は厳しい状況で迎えることになりました。


そこで今期リーグ初スタメンの森山が右SBに入りました。
序盤からその森山も完全にフィット!
やはりクレーバーな選手は良いですねー。対応もしっかりしていました。

そんなわけでアザリー飯田が主導権を握ります。

しかし、大原もしっかり組み立ててコンパクトにチームを形成して攻めてきました。

何度か決定機を迎えますが決め切れず…


林、田中兄弟、青木がドリブル、パスで打開を目指すも…


前半はスコアレスで折り返します。

次第に気温も上昇…(汗)暑さが厳しくなり…


後半、気持ちを入れ直し入ります。

大原もサイドを使い攻めてきますが前節、素晴らしい活躍を見せた別所と田中が今日もしっかりと最終ラインを死守します。

大田、藤原を起点に林から攻撃の形を作ります。

バイタルエリアに侵入するものの…フィニッシュに結び付かず時間が経過していきます。

大田のヘッドもポストに嫌われ…皆天を仰ぎます。


更に暑さは増し…


それでも選手達は走ります。

ここら辺が変化があったところでしょうか。


最後まで誰一人立ち止まることなく戦います。


試合終了。


スコアレスで試合は終わりました。


非常にゲーム内容としては悔やまれる引き分けですが最終節には繋がる戦いが出来たのではないでしょうか。


次は勝ち点3を取りリーグを戦いきりたいですね。



そんな中、本当に素晴らしいと思ったことがあります。
大原学園の選手達の振る舞いです。

僕らが会場に着くなり、誰にでもしっかりと挨拶。

試合後もしっかり挨拶と握手。学生だから当たり前だとかなんていうことはありません。

社会人の中にあっても臆することなく、サッカー人としての礼儀が伝わってきました。
もちろん監督・森下さんの指導力もそこにはあるはずですが。


あっ…普段の社会人の礼儀が良くないわけじゃないですよ(汗)


本当にジュニアユースの選手達も今すぐこんなふうになっていって欲しいなと感じました(汗)

指導力?(笑)




今日は悔しい引き分けでしたがさわやかな気分で帰ってこられました。


さぁ次週はクラブチーム選手権!伊那・富士塚グランドにて!


ちなみに2試合目は雷雨豪雨でノーゲーム。

初めての経験でした(汗)

雷怖いですね(汗)
posted by ルート66 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック