2010年12月27日

この道をゆけば…

アザリー飯田クラブスタッフ忘年会も無事に終わりました。

スタッフが一年を振り返ります。

場所は居酒屋どん○い。東コーチ御用達らしいです(笑)

キッズ、ジュニア、ジュニアユース、トップと全カテゴリースタッフが集まりしっかり飲んで食べました。

必然なのかサッカー話になります。
本当に今年はいろいろありました。

ジュニアのチーム態勢・保護者会態勢の明確化。
難しい問題は多かったのですがジュニアスタッフの一人一人の頑張りで変化が起きました。
アザリー飯田がクラブとして進む一歩です。

そして、新たにキッズスクールの立ち上げがあり、岡庭コーチ・熊谷望コーチが立ち上げ・指導にあたってくれました。
募集したらどれだけ来てしまうのか…恐怖の中で…大々的には公募はせず5人でスタート、現在は8人という人数で活動。
素晴らしい成果をあげたのではないかと思います。

スクール文化の薄いこの地域で革命的なことではないでしょうか。
自分の子供達が居たから余計力が入ったのは云うまでもありません(笑)

更にはクリスマスの日に延期になっていたゴールキーパープロジェクト第1弾が行われました。

前日までの悪天候でしたがジュニアユース原田コーチ・トップチーム奥田選手が中心となり開催されました。
少年チーム、中学生など22人の選手が参加してくれました。
寒い中でグランドも雪がうっすらありましたが…二人のコーチの情熱で溶かしましたかね。

試合をする11人の中でも特殊なポジションでありどうしても指導者は後回しにしがちでした。

しかし!
ゴールキーパーが育つ地域に変えたい!
飯田・下伊那の現状打破!第一歩です!

もちろんこれで変わるなんて大きなことは言えませんが…一歩を踏み出したことで変わっていくはずです。

原田コーチ・奥田コーチ共に良い点や改善点など反省しきりでしたが本当にやって良かったという言葉には熱いものを感じました。

こうしていくつかのプロジェクトが立ち上がり一歩を踏み出しました。

後はどのような形で継続していくのか。


いつも書いていますがアザリー飯田の取り組みはすぐに結果が出るものばかりではありません。
サッカーが好きで好きでたまらない人達が情熱・礼儀・尊重の元に集まり行動しているだけです。

ただ何年何十年後にアザリー飯田が地域全体で愛されていることが出来ていたら…
それが答えじゃないかと思います。

来年早々には新たなプロジェクトが行われます!

告知「新カテゴリー発進!か?」by麦島代表



あっ!振り返りになりましたか(笑)


そんなつもりじゃなかったんですが…

もちろんこれでまた来年なんて言いません。不定期更新健在です。

もしかしたら来年に…(笑)
あと4日!

やり残したことは…


posted by ルート66 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック