2017年10月15日

ザ・サッカー

皆さん・・・お久しぶりです。

最早ブログの役割を果たしていないこのブログ・・・。

アザリー飯田NEWホームページが完成したら更新しようと思い何ヶ月になりますか。

トップチームの結果やらリーグ戦を戦うジュニアユース、全日本が始まったジュニア、サッカー教室が行われるフィエットなど情報は盛りだくさんなのに・・・本当にすいません。
ホームページリニューアルも間近です!(本当か?)


今日はジュニアユース10期生のラストマッチでした。こんな時ばかり・・・と言わないでください(笑)


高円宮杯長野県トップ2部リーグ最終節を昇格・降格をかけて戦いました。
VS 上田ジェンシャン戦。
結果は2−2のドローでした。

須坂福島Gにはアザリスタをはじめ11期生、12期生が駆けつけ声援を送りました。あんな素晴らしいコールは歴代1位の力です。12期生良く頑張りました(笑)

朝から降っていた雨も上がり天気も味方します。

開始から好守がめまぐるしく変わる展開。

前半残り10分で先制します。そのまま後半へ。

後半20分過ぎに同点とされ劣勢になります。しかし、ここで更に突き放し2−1とします。

しかし・・・残り10分・・・CKからまたもや同点とされます。
そこからは両チームが力を振り絞り戦う展開でした。

本当に見るものを熱くさせる内容のまさにサッカーの醍醐味を感じた試合でした。
こんな熱いゲームを見れたならきっとサッカーの虜になりますね。
先日のU−14じゃないですけどベンチでわくわくしていた自分が居ました。いやー楽しめた!

GK タケル
DF リュウト ゼン レノン カイ ヒナノ ケン
MF リョウタロウ ヒビキ ヒデ ミナモト コウスケ 
FW ヨウタ ナル レイ ジュン ソラ

選手達はこの2週間出来る限りの準備をしてきました。これまでの3年間を振り返り最終戦に向かってきました。
そんなラストゲームでもチームの1番の強さ「絆」が最後まで感じられました。


もちろんまだまだやり残したことは多く成長途中であることも実感しました。彼らは多くの可能性を残して次のステージへ向かいます。

そうここは通過点でしかありません。サッカー人としてまだまだサッカーの奥深さを追及していけるのではないでしょうか。


もちろん毎年のことで指導者としてはまだまだ力不足・・・選手達には申し訳ない限りです。
それでもコーチ達は最後まで選手を思い1人1人と向き合ってきたことは間違いないです。
いつまでもファミリーであることは変わらないし、嬉しい報告や壁にブチ当たった時はいつでも声をかけて欲しいと思います。


保護者の皆様、送り迎えや遠征時のお弁当など大変だったと思います。3年間はあっという間といいますがどうだったでしょうか。
選手を影から支えコーチ達が指導に集中できたのも保護者の皆様のおかげです。ありがとうございました。


最後に選手の皆へ。

一区切りついたけれどこれはスタートです。一息ついたら出発だよ!

情熱は全てを変える力となる
posted by ルート66 at 23:23| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする